プロフィール

SHIROTABI

Author:SHIROTABI
艦これプレイヤーです
≪好きな艦娘≫
加古、龍驤、摩耶
Pola、雲龍、Z1
皐月、鬼怒

≪今期の視聴予定アニメ≫
・ゆるキャン△
・魔法使いの嫁
・ハクメイとミコチ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

シロタビのひつまぶし
シロタビがひっそりと行うブログごっこ。主に遊びとかゲームとか。
テイストが下品
ダーリン・イン・ザ・フランキスは露骨な台詞や設定が鼻について、面白さ以前に不快感が先に来てしまいます。オッサンの下ネタギャグ聞かされてるのと似たような感じ。ロボバトルだの群像劇だのしてたら熱いって言われると思ってるんでしょうが根本が薄ら寒いのでどうしようもないですね。『こんな設定にしたら台詞や演出が全部(意味深)になるよな』みたいなスタート地点が透けて見えるようで。

キルラキルも個人的にはそんなにだったのでトリガー(のバトル系)作品自体が肌に合わないんだろうなぁ、と思っていたのですが、ちょっと調べたらA-1 Picturesも関わっているのだとか。
そこで頭に浮かんできたのがあの花に出てくるあなる。あの命名センスを極端に悪化させればこんな設定を作ってもおかしくなさそうだなぁ、と得心が行ってしまいました。キルラキルには寒さまでは感じなかったので、今回の原因はこっちなのかも。


そもそもな話、私は所謂『萌えのある燃え』や『エロいけど熱い』みたいな感想があまり好きじゃないんですよね。『こんな可愛い(エロい)キャラデザだったりエロいシチュエーションや表現もあるけど、戦闘シーンが熱いんだよ』……って、熱いを言い訳にしてエロいのが見たい中学生かよお前は、って思ってしまうわけです。
だからそんな感想を大量生産しそうなこのアニメも合わなくて当然と言えば当然ですね。ちなみにこの『熱い』を『話や設定が凄い』に変えると化物語になるので物語シリーズも私の好みではなかったりします。
円盤を買う原動力はToLoveるみたいなのと大して変わらない癖に体裁を整える言い訳を与えてしまう作品や作品の中に在るエロへの言い訳がましさのようなものが苦手です。
スポンサーサイト
体感時間がとにかく短い
ゆるキャン△が今期では一番面白いアニメですね。面白いという表現は少し語弊があるかもしれませんが、特定の活動を題材にした日常系では今までで一番自分に合っているかもしれない作品です。
というか、いわゆるきらら系作品を気に入ってここまでちゃんと観ることが初めて(・ω・)
大御所声優と古めのパロを楽しむアニメ
ポプテピピックの大御所声優の組み合わせってあと8話か9話ぐらい残ってるんですがどうなるんでしょうね?

古谷徹(アムロ)&池田秀一(シャア)はありそうで、ダブりなしと考えると三石琴乃(セーラームーン)&古谷徹(タキシード仮面)の組み合わせは無理なので三石琴乃(ミサト)&緒方恵美(シンジ)の組み合わせが濃厚でしょうか。
でも三石琴乃(ミサト)&山寺宏一(加持)の組み合わせなら緒方恵美(蔵馬)&檜山修之(飛影)も作れるしペア的にも綺麗に消化できそうですね。しかし桧山修之を使うなら他の組み合わせもできそう、となってやっぱり予想はなかなか難しい。大御所声優になると有名作品の組み合わせが複数作れてしまうので予想するのが難しいですね。まだ予想しやすい組み合わせは野沢雅子(悟空)&堀川りょう(ベジータ)とかかな? 

ZZが一番好きな時点で適性なさそう
逆シャア観たんですが……これって名作なんですか?(・ω・)
人気が高かったのも納得
去年友人が面白いと言っていた『プリンセス・プリンシパル』と『月がきれい』が両方とも三が日にAT-Xで一挙放送されていたので録画して、プリンセス・プリンシパルから観ていたのですが、確かに全体的に高クオリティなアニメですね。適度に観ていくつもりがのめり込んでしまって一気に観終わってしまいました。最終回の最後は唐突感に終わったが凄かったですけど、それ以外は文句なし。

さあ、次は月がきれいだ……(・ω・)
意外と
今期の観ていたアニメは全体的に面白かったですが、一番惰性なく観れたアニメは宝石の国でした。
回想抜いたら30分で終わりそう
十二大戦の最終回を観ましたが……面白い面白くない以前にアニメ化に向いてないですよねこの作品。
流行りの西尾維新だし、流行りのモチーフ系バトルロイヤルものだし、とりあえずアニメ化しとこうか、みたいな感じなのでしょうか。
7、8話いる?
十二大戦の直近の3話が酷すぎてdies iraeを下回ったまである(・ω・`)

どうせ途中から駄目になるんだろうなーと思いつつも一縷の期待で観始めたらやっぱり駄目だったという、私の中の西尾維新のイメージそのものな話ですねコレ。予想は裏切り、期待も裏切るスタイルは相変わらず。

バトル物なのにここまで退屈なアニメも珍しいですね。というか話の手抜き感が凄い。どうしてアニメ化しようと思ったのか不思議なくらいです。どうせ猿の秘策も辰の作戦も作者は何も考えてないんでしょ? としか思えない……。
やったぜ
メイドインアビス2期決定だそうですね。BOX買った甲斐があったわ(・ω・)b
十二大戦とか宝石の国も良いね






今期アニメの好きなOPEDを3つ挙げろって言われたらこんな感じですかね。魔法使いの嫁は単純に歌が好き。少女終末旅行はアニメーションと合わせて好き、更に言うならEDの方が好きです。