プロフィール

SHIROTABI

Author:SHIROTABI
《遊戯王オンライン最終成績》
・レベル25
・トライ☆29(シーズン8)
【使用デッキ:アサイカリバー】
・ガンス12連勝(シーズン12)
【使用デッキ:光メタビート】
・エヴォ☆600(シーズン8)
【使用デッキ:アサイカリバー】
・シーズン8 TP世界ランキング4位


《遊戯王》
もう見限りました。


《ポケモン》
レアコイルをいつも左上に置く人です。


《艦これ》
現在ほぼこれだけ。
5-4で全て済ませる派です。
好きな艦娘は加古、摩耶、Z1など。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

シロタビのひつまぶし
シロタビがひっそりと行うブログごっこ。主に遊びとかゲームとか。
ひとりごと
Dガイアビートでパキケのようなリバースじゃないリバースモンスターや岩石コアキメイルやデスカリのような表側表示であることに意義のあるカードを使っていると停戦協定って割とアリなんじゃないかなぁ、と思ってしまう時があります。奈落神警すり抜けつつ効果を使えるって素敵やん?(・ω・)

割と1000~1500ダメージは簡単に出せて引導ダメージになったりする可能性もまあまあ。パキケや雪だるまみたいなカードと組み合わせることによってアド損しないプレイングができればアリなんじゃないかなぁ……ライコウも潰したりできるけどやっぱりダメかなぁ……(-ω-)
スポンサーサイト
なるほど
ラズリーは当初思ったよりも使い道がありそうななさそうな。

オブシディアと比べると、単体で使用するならラズリーは後続がキープできて安定性重視という感じ。ビートダウン気味にしたいならラズリーでしょうか。下手に使うとオブシディアとは相性が悪そうですが、上手く併用すれば(墓地が肥えていれば)とんでもない爆発力が見込めそうです。
しかしどちらも3積みする場合、構築は結構難しくなりそうですね。ラズリーのためだけに未来融合を入れるのも少し考え物です。未来融合を入れるならバレットも入れたいけどそれだとスペースが更に難しくなりそうな予感。まだラズリーを投入して回していないので何とも言えないのですが(-ω-)



ヴェルズ・オピオンは強いとはいえヴェルズ専用カードなのに、なんでこんなに評価(値段)が高いんだろう? と思っていたのですが、そういえば兎さんがいましたね。すっかり忘れてました。

ガチでヴェルズを使って勝利したい場合に兎を入れるのは大いに納得できるのですが、兎入れたらデッキの名前は【兎ヴェルズ】にするべきですよね、と思う今日この頃です。純正ヴェルズだと除外と帰還ギミックが自然と入って兎と相性抜群なのは解るのですけどね(・ω・)

ヴェルズモンスターが今回いっぱい実装されましたが、よくよく考えたら自分はインヴェルズデッキだったということに気付きました。インヴェルズを入れたヴェルズとヴェルズを入れたインヴェルズは似ているようで結構違いますよね。
DT14
1箱分ぐらい回してきました。シクレアはトレミスでした。

今回全体的に見ると結構微妙な弾ですね。目玉のウロボロスもディシグマの上位互換が出ただけという感じがしますし。後はスーパーのヴェルズ・タナトスが闇多めのデッキの選択肢に入るかな、ぐらい。
ただレアやノーマルは小粒なカードが揃っていて、気軽に回す分には良いDTだと思います。リチュアビースト・インフェルニティデーモン・真炎の爆発の再録は嬉しいところ。新カードもネジマキシキガミやセイクリッドハワー、アイアンコールや侵略の汎発感染など可能性を感じるカードも多いです。



ここからは自分のデッキに関係する話ですが、ジェムナイトは蓋を開けてみれば強化は実質なしなので少し残念でした。セラフィは効果は優秀ですが、超融合かサンダードラゴン入れるプリズムオーラ軸ぐらいしか出番はなさそう……ライコウ入れるのも手ですが純正にこだわるなら微妙。パールで出せることは出せますが(-ω-;)
マスターの用途は主に未来融合用ぐらいのもので普通に出す機会はあまりないでしょう。打点目的ではジルコニアが優秀すぎます。でもオブシディア×3とかロマンを感じますね。ぐへへ(・ω・)


ヴェルズはサンダーバードやカストルや汎発感染など優秀なカードが揃っていますが、既に似たような役割のカードが出ているので強化というよりは多様化といった印象。サンダーバードや汎発感染(除去対策)はサーチもできる侵喰感染がありますし、カストル(展開目的)もマンドラゴや二重召喚があります。全く同じという訳ではないですが、汎発感染以外は使えるシチュエーションが結構被っていますね。

それにしても汎発感染は優秀なカードだと思います。ヴェルズ全体に聖槍はマジ素晴らしい。上級ヴェルズがゴロゴロ並ぶ機会は少ないのでスタロのような使い方は望めませんが、その前段階の下級ヴェルズの展開の阻止を防いだり、バハムートの効果を安全確実に通すことができるのは嬉しいですね。


寒かったんだろうか
夕方頃の話。


初めて通った道で中古本屋さんをたまたま発見。
探している本が安くでないかなーと思って気まぐれでお店に入ったのですが、お目当てのモノがなくて『まあ最初から期待してかったし(・ω・`)』としょんぼり帰ろうとした際、何となく視線のようなものを感じました。

ふと目をやると、5~6才(ぐらいだと思う)の女の子の姿がありました。私が原付を停めていた駐輪場は車道に面して南北に長細い形をしていたのですが、その南半分のスペースを女の子はチョロチョロと行ったり来たり、柱に隠れたり隠れなかったり、そして何故かチラチラとこちらを見てくるのです。

『そういえば入る時もあの子いたなぁ。あんな小さな子が一人で何してるんだろう?』とか思いながらも、そのまま気にしない振りをして原付に乗って指示器を出して車道に出るタイミングを見計らっていました。

すると女の子がてこてこ走ってきてぴったり私の原付の後ろに付いたのです。近づく気配は感じたのですが、まさかそこまで接近しているとは思わず、ミラー越しに見えた女の子に内心ビクっとしました。『本当に何か困ってるのかな?』と思ったのですが女の子は後ろに立ったままで特に何もせず、私も振り返ることはせずミラー越しに女の子をチラ見していました。

車道に出られるようになるまで10秒ぐらい掛かったでしょうか。『ああ、もしかして車道の向こう側に行きたいのかな?』とか変な自己解決をして私は車道に出ました。しかし女の子が道を渡ることはなく、ミラー越しに女の子が駐輪場でポツンと立っている姿が確認できました。

もしかして本当に迷子か何かじゃないのかと思い心配になってきたのですが、同時に『不審者が児童に話しかける事案が発生』とかいうことになったら嫌だなぁという心配(冗談っぽいですが割と本気w)も出てきて少しの間走りながら葛藤していたのですが、やはり女の子への心配が勝ってUターンしてお店へ戻りました。


戻ってみると女の子は先程と同じように駐輪場でウロウロしていました。ただ先程とは違い、その時車道沿いに車が停っていたので、あの車を待っていたのかな?と思いましたが、車は女の子を乗せることもなく行ってしまいました。

そこで私はようやく女の子に声をかけました。「迷子じゃないよね? 誰かを待ってるの?」と訊くと女の子がコクコクと(後ろの質問に)頷いたので、なら思ったより心配しなくてもいいのかな、と一応納得した私はようやく帰路へと着いたのでした。



『親(だと思う)を待っているだけなら、なんで女の子はあんな不審な行動を取ったんだろう』と、ここまで読んで思った方もいるではないでしょうか。

女の子に話しかけた時に気付いたのですが、今日は普段と比べてやや寒かったのに女の子はそれ程厚着をしておらず、寒そうにしていました。
『落ち着きがない行動をしていたのは寒さを紛らわすためで、原付の真後ろにピッタリついていたのは、もしかして排気ガスで暖を取るためだったんだろうか』と帰り道に考えてそんな結論にたどり着きました。割と近いと思ってるんですけど、どうでしょう?(・ω・)



そして『不審者情報出ていないだろうなぁ……(・∀・;)』と割とネタっぽく戦々恐々として今に至りますw もし出ていたら自分がどんな特徴で書かれるのか少し興味があるのは内緒ですw

迷子とかではなかったようなので一安心ですが、寒空の下あんな小さな子供を一人外でいさせるのはどうかと思いますね。小学生ぐらいの子が自転車に乗って友達と遊んでいるのならまだしも、見ず知らずの他人が見ていても心配になってしまいます。

寒かったのなら暖い飲み物でもあげればよかったかなぁ、と思いましたが、それをすんなりとさせてくれないのが今の日本の駄目な所なのかもしれませんね。正直、原付の一件がなかったら私も気にはしても引き返すまではしなかったかもしれません。警戒的なのか無防備なのか、今の世の中よーわからんよね(・ω・)

らんうぇい#7-14(終)
最終回はやはり興奮しますね。今シーズンのファイナリストはシーズン5・6に比べて高レベルな3人で、とても見応えのあるコレクションだったと思います。審査員のお小言が少なかったのがそれを表しているのではないでしょうか。


個人的な感想としては、セスは全体的にハイレベルに纏まりがあって終始一貫していました。しかし、コレクションとしての起伏はあまり感じられませんでした。山場の盛り上がりが小さいというか。
ミラは最初の服の掴みが弱いように感じられました。影にインスピレーションを得たコレクションというのはよく判りましたし、上手く表現できていると思うのですが、影だけあっていかんせんシック過ぎました。
エミリオは何とも言えない感じでした。色使いが地味というか、変わっているというか。でも三人の中で唯一派手でゴージャスな『目玉の一品』的な作品が最後に登場したように思います。

ショーの最後は専属のモデルとデザイナーが一緒に歩く、っていうのをやってたと思うのですが今回はしませんでしたね。あと最終回でいつも思うことなのですが、当日参加モデルのウォーキングって微妙じゃないですか? 素人臭いというか、やる気がなさげというか。
過去のデザイナーはいるかなー、と楽しみにしていたのですが、前シーズン優勝者のアイリーナしか出てきませんでしたね。ちょっと残念(・ω・`)


そしてシーズン7の優勝者はセス。出来自体は他のコレクションと大きく差を付けていたわけではありませんが、今までも最終回の審査はショーを意識していることやコレクションの華を重視していたので、セスが優勝したのは妥当な結果だと言えるでしょう。エミリオとミラはファッションショーというには少し地味でしたね。




モデルズはお馴染みの同窓会ですが、今回はデザイナーとモデルを一堂に会するという豪華(?)な仕様。ある意味こちらの方が面白かったのですが、モデルとデザイナーを纏めたので内容が半分になってしまったのは残念。


モデルズ往来の口の悪さが最終回に至って見事なブーメランになってましたねw まさかキャリーとジェイが最終回にして今まで屈指の険悪ムードになるとは。ジェイはあの時のキャリーの発言が相当頭に来たのでしょうねw こんな伏線は読めませんw
てかデザイナーすらあの空気に持っていくのは、ある意味キャリーの才能と言えるでしょうねw 誰とでも険悪になれるというスキル(`・ω・)

基本的に皆が本音に近い部分を語っていただけあり、ギスギスした空気になることも度々ありましたが、同窓会に出席するだけ壊滅的な仲の悪さではないですよね。どこかのシーズンに比べれば皆大人ですよ、オトナ(・ω・)


ヴァレリアは話題に上がって思い出しましたが、そういえばセスとの一件がありましたね。あの時の『賭け』は今となっては負けということになるのでしょうか?

最終回でエミリオのやり取りを纏めて見てみると、彼はちょっと性格に難アリのような気がしました。本編でも終盤からは不安定な感じがしたというか……。
そして次回予告にあったマヤのリタイアした本当の理由ですが、本編で言ってたこと繰り返しただけでしたね。あんなに思わせぶりな予告だったから何か裏があると思ったのに( ̄_ ̄;)



去年の秋から4ヵ月、ようやくプロジェクトワンウェイシーズン7も終わりました。また秋ぐらいに始まりそうですし、それまではアプレンティスでも観て心を汚しておこうと思います。
2回目
またポケモンセンターに行ってきました。『今度は開店直後だぜ(`・ω・´)』と息巻いてたら前回より列長いでやんの(・ω・`)


今回は一番買うもの多いだろうなぁ、と思ったら案の定。ミロカロスはそんなに欲しくはなかったけど品薄気味だったので欲望に任せて買っちゃいましたw 好きなホエルオーの出来がそんなに良くなかったのは残念(・ω・`)

買おうかどうか迷った末に買わなかった物も結構あったので、今度大阪に行くついでに寄ってみようかと思います。今日行ったら前回の売れ残りチャームはまだ販売していましたし、私が欲しい物はそんなに人気もないだろうし大丈夫だと思います。レジ系はもう1セットは欲しいです。

あとポチエナグラエナは謎の販売延期でしたね。私は特に欲しくはないので関係ないのですが……。

大体日にちがずれる
ゴールドシリーズは7箱買って2箱がハズレ、残りはゴールド開闢1・ノーマル開闢1・ノーマル強謙3でした。友人も2箱買って2箱ともノーマル強謙だったので封入率が操作されてるのかな? と疑ってしまいます。そしてそんな強謙に制限をかけてしまうのがコンマイさんという(・ω・`)


VJエディションも届きましたがエクシーズは専用のデッキ組まないと使えないですね。ラッキー・ストライプは専用で組んでも使えるかどうか。ドボクザークはサイバーエンド⇒融合解除とか思いつきましたがそれなら殴ったほうが早いですね。グズタフはメタリフ入れたロックバーンしかコンセプト的に自然なものはできないのではないでしょうか。


なんとなしにアンデット組みたいなぁ、と思って組んだ結果が植物アンデになったのですが、即興の割にはモリモリ展開できて気持ちよかったです。蒼血鬼1枚入れるとたまに大量展開できて面白いです。リヴァイエールと馬頭鬼ゾンキャリの相性が美味しいので簡単に召喚できるならしたいのですが、まともな☆3アンデットって死霊以外にいましたっけ?

☆3アンデットに頼らずとも、いつか来るバスガイドのような簡単にランク3を召喚できるモンスターを組み込めば割と戦えるレベルになると思うのですけどね。クロウヴェーラーは辛そうですが。
TGアンデットとかも面白そうです。TG植物アンデ……はややスペースが難しそう?
らんうぇい#7-13
最終回の一話前は恒例のティムの家庭訪問&最後のランウェイ出場者決定回でした。


決勝戦はセスとエミリオの一騎打ちで最後の一人は割とどうでもいいと前回まで散々言ってきましたが、今回を観て『セミファイナル回が一番面白い』という持論を思い出さされました。ミラもジェイも今まで見た中で一番素晴らしい作品だったと思います。時間とお金をかけれたということを考慮しても。
今回の結果が人生を左右するだけあって、お互いの作品に魂というか信念のようなものが篭っているのを感じました。ミラとジェイは人間的にもデザイナー的にも色々と真逆な関係でしたがそこだけは共通していましたね。

そして最後の出場者はミラに。少し前なら妥当な面子だと思うところですが、審査の流れが少しでも違えばジェイが選ばれていただろうと確信できるほどの僅差でした。どちらの作品もクオリティでは拮抗していて、ニュアンスの差で勝敗が分かれたようなものです。
審査員も相当迷っていたようですが、私もどちらが勝つのか全く予想がつかなかったです。やっぱりセミファイナル回が一番面白いですね(・ω・`)




モデルズの方はプロジェクトランウェイを掘り下げた内容&モデル達のプチ同窓会。モデルズの方にデザイナーがやってくるとデザイナーまでギスギスするという不思議。最終決戦の前なのでピリピリするのは仕方ないですが、わざわざ空気が悪くなりそうな話題を振るのは戴けないですね。そういう意味ではブランダイスが一番空気が読めてなかった(・ω・`)


モデルに忌憚ない意見を求め、確固とした自分のスタイルを持っているセス。
モデルは腹の中を隠し、ロゴプリント以外は確固としたものがないエミリオ。
互いが互いを信頼しているコンビとはいえ、ここまで色々と正反対だと面白いですね。デザイナーへの意見の有無が勝敗を左右するのかどうかが気になる所です。
本番を見ないと何とも言えないですが、この回で出たコレクションの一部を見るに私はセスが優勝しそうな気がします。モデル単体だとダントツでロレーナが若さと美貌を持っているのですけどね。


モデル達の同窓会ではわざわざ脱落者を引っ張ってきてのギスギス。キャリーは相変わらずですね。
アレクシスは番組中ではアレでしたが、落ちた今となってはやはりあのキャラは演技の部分も大きかったのかなというような気もします。受ける印象が違ったのでびっくり。あと靴下の踵が薄くなっているのを目ざとく発見した自分にもびっくり(・ω・`)


そして次回予告ではモデル&デザイナーの同窓会&通信簿。こっちも本編並に気になる最終回ですね。マヤが棄権した本当の理由が気になります。相変わらずギスギスした空気のようでしたがw
それにしても同窓会が行われるのは久しぶりのような気がします。なかったのはシーズン5だったかはたまた6だったか……? デザイナー同士の仲が悪すぎて同窓会がなかったシーズンがあったような気がするのですがw



……ところで、ダメなデザイナーの話で出てきたヘスースって誰でしたっけ?(・ω・)

頑張る…?
2012年の短期的娯楽目標。


・小説-ドグラ・マグラを読む。
・アニメ-ウテナを観る。
・ゲーム-イストワール完全制覇。


こんなもんです。ピングドラムは興味ないけどウテナは観てみたくなったという気まぐれ(・ω・)