プロフィール

SHIROTABI

Author:SHIROTABI
艦これプレイヤーです
≪好きな艦娘≫
加古、龍驤、摩耶
Pola、雲龍、Z1
皐月、鬼怒

≪今期のお気に入りアニメ≫
・血界戦線&BEYOND
・少女終末旅行
・キノの旅
・宝石の国
・魔法使いの嫁

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

シロタビのひつまぶし
シロタビがひっそりと行うブログごっこ。主に遊びとかゲームとか。
広島-尾道
『風景を撮るつもりが観光しかしていないぞ!(・∀・;)』ということに気付いたので、行きしなの電車旅で唯一降りようかどうか迷った場所である尾道で降りることに。呉線ですらないというのは内緒。

最初はレンタサイクルを借りて海側や商店街を撮っていたんですが、ふと気付いてしまったんですよね。というか思い出してしまったんですよね。線路の向こう側に何があるのかを。尾道と言えば何なのかを。


picture53
はい。まーた荷物を背負って山を登る羽目になりました。今回不意の上り坂多すぎ!
私以外に大きな荷物背負って歩いている人なんていませんでした。この日も35度超えの猛暑でしたしそりゃ当たり前だよ(・ω・`)


picture52
スイッチが入ってしまったので汗だくになりながら坂道を歩きまくっていたんですが、住人のおばあさんが話しかけてきてくれて、日陰のある休憩場所を教えて貰ったりしました。飲み物持ってなかったらあげようと思ってくれていたそうです。優しい。


picture51
今年の夏は海の風景を撮りに来たはずなのに気付けば山側ばかり撮ってました。でも風景が良いんだから仕方がない。
広島は山と海どちらも楽しめるので好きです。海を眺める山々とか大好物なのでそういう風景が多い広島はかなり気に入りました。瀬戸内海に島が点在しているので思ったより海が狭く感じるんですよね。そういった意味では味のある海の風景が多かったです。


picture54
今回は全体の何分の一を周れたのか判りませんが、まだまだ行ってない場所があるので尾道はまた夏に行こうと思います。尾道すごく気に入りました。凄く良いです。『誰かが思い描く日本の夏』って感じの風景がここにはあるような気がします。
できたら雲一つない快晴がいいのですが、天気は狙えないしそんな日に行ったら暑さで大変そうですね。でも行く(・ω・)

スポンサーサイト
広島-大和ミュージアム
ウサギ島から翌日。『呉線に乗ったのだから何も無かった時は呉に寄って帰ろう』と最初から考えていたので、呉で一泊して大和ミュージアムへと向かいました。


picture46
ミュージアムの前には戦艦『陸奥』の色んなパーツが並べられていました。これは41cm砲です。予想以上に大きすぎて写真に収めるのに苦労しました。
開館一時間前に来てしまったのでミュージアム裏の港や大和の艦橋の一部を模した波止場などの写真を撮って時間を潰していました。波止場では『おとかぜ』に乗った海上保安庁の方々が丁度海へと出るところに遭遇したりしました。


picture47
中に入って大和のミニチュア(でかい)を撮影。裏側には水偵が置いてありました。
ちょっと右奥に見えるのは長門の旗ですね。


picture48
艦これでもお世話になっている九一式徹甲弾やら三式弾やら。同じ部屋には九三式酸素魚雷や回天なども飾ってありました。甲標的のコクピット部分も展示していました。


3階に飾ってある色んな軍艦の模型の展示を見ていたら警備員さんに『裏に本物の大和(を模した波止場)があるんですが見ましたか?』と訊かれました。会館前に行ったことを伝えたら何故かお礼を言われました。何やら大和ミュージアムに来る人は中は見るけど裏まで行って波止場を見る人は少ないのだとか。これから行く人は是非とも大和波止場にも足を運んで下さいね。綺麗なので。

あとここは艦これブログみたいになっているので写真は艦これっぽいところを上げていますが、撮影禁止の場所があり、そこには乗組員の手記や遺書、写真などをはじめとした戦争に関する色んな展示物が飾ってあるので行く場合は真面目に厳かに見て周りましょうね。



picture49
お土産屋で見慣れた絵を発見。これは買いませんでしたが『旅行に来たらノリで要らない物を色々と買って後で後悔する法則』を見事に発動して結構買い込んでしまいました。零戦のぬいぐるみも欲しかったけど流石に嵩張りすぎるで止めました。
大和ラムネはここまで来たんだから飲まなきゃと思って買いましたが、思ったより炭酸がキツくなくて飲みやすかったです。あとゴーフルも結構美味しかったです。



picture50
大和ミュージアムの後は向かいにあるてつのくじら館に行きました。多分大和ミュージアム行った人は殆どこっちも行きますよねw
まさかあのどでかい潜水艦の中に入れるとは思わなかったので得した気分でした。写真は数量限定のカレー。



呉鎮守府跡に行こうと思っていたのですが、その日は閉まっていました。残念。
あと周辺には艦これに迎合した感じのお店もあるっぽいのですが、時間も認識もなかったので行きませんでした。鎮守府跡と合わせて今度呉に行った時に周ってみようかと思います。
広島-大久野島
今年の夏は広島に行って来ました。『これぞ夏』って感じの風景を撮りたくなったので。
呉線なら私の望む風景があるんじゃないかと思い、始発で向かってのんびりと呉線の旅を楽しんでました。とはいえ、結局理想通りの風景は見つからなかったのですが・・・撮りたい場所は大体人が立ち入れなさそう場所だったり駅から遠すぎたりしたんですよね。とはいえ、瀬戸内海を望んだ景色を眺めながらの電車旅は本当に癒されました。呉線オススメです。


呉線に乗り換えた所で友人から『ウサギ島は行った方がいいよ』というオススメメールが来たので、忠海で下車。天気は晴れでしたが薄雲が広がっていたので、昼になったら雲も晴れるかなと思い、時間潰しに丁度良いと向かうことにしました。忠海自体の町の風景も結構興味深かったのですが、時間がなかったので断念。次来た時に周る候補ですね。


忠海で結構な人が降りたのでもしかしてと思ったら案の定全員ウサギ島行きのフェリー乗り場に向かっていました。
フェリー乗り場にはフェリーと書かれた小型船が停まっていて『この船にこの人数が乗ったら転覆するんじゃないか・・・』と内心ドキドキしていましたが、普通に大きなフェリーがやってきてホッとしましたw
大久野島はバーベキューや海水浴やテニスやサイクリング等々、色んなレジャーが楽しめるようになっており、家族連れやサーファーのような人が多かったです。写真目的な感じの人は2割ぐらいでしょうか。

私は友人から『ウサギ島は昔毒ガスを作っていたんだよ』ぐらいの話しか聞いてなかったのでウサギを撮って1、2時間したら戻ろうと考えていたんです。でも島の中を案内する看板を見て悟りました。軍事施設の跡がいっぱいあるんですね。友人が薦めた本当の理由をここでようやく理解しました。あいつわかってるじゃんよー(・ω・) スイッチが入って島の中歩き回ってやろうと決意。


picture42
島を歩いていたらこんな風にウサギが寄ってきます。ウサギに絡まれます。そして両前足を上げて『エサちょーだい』のポーズをします。予想の3倍くらい可愛くてちょっと参りましたw
最初は廃墟を撮る気満々だったのですが、道中次々襲いかかってくるウサギの可愛さにも中てられてしまい、ウサギも撮りながら島の中を歩き回ってました。

picture44
ウサギは人に慣れまくっているので写真も撮り放題なのですが『ここまで撮らせて貰ったらエサ上げないと可哀想かなぁ』と思い、エサ売り場を探したのですが、ウサギの餌は忠海にあるフェリー乗り場でしか売っていないようで、泣く泣く撮り逃げしていました。本当に申し訳ない(;ω;)


picture43
あまり人が立ち入らない山の中とかにいるウサギはこちらの姿を見るなり遠くから駆け寄ってくるので罪悪感も一入ですw エサをあげてる人が羨ましかったなぁ・・・(・ω・`)


picture45
山の上の砲台跡です。ここを見て『あれ、なんかこの場所見たことがあるような・・・』と思ってました。後日ネットで調べたら、この島の幾つかの場所はSIREN2の舞台のモデルになっているみたいですね。ここは多分、市子を逃がしたりするあのステージでしょうね。


写真を撮るために島中を練り歩いていた訳ですが、35度を超える猛暑の中、重いカメラの入った鞄を背負って急遽予定していなかった山登りをしたせいで倒れる寸前まで消耗して結構やばかったです。特に山から下りる時ハズレの道を選んで引き返したりして『あー、ここで倒れたら死ぬな』と流石に危機感を持ちました。山を登っている時私以外の人間は1人しか見かけなかったので助けてくれる人もいませんでしたしね。その1人も木陰でウサギと休んでいる有様だったり。

なので山の上の砲台跡を撮った後はフラフラになりながら施設に引き返して食事をして休憩してからまだ行っていない場所を周りました。最初は山の中を歩くのでレンタサイクルなんて意味ないな、と使っていなかったのですが、2回目の撮影からは電動自転車を借りて行けるところまで行ってました。実際後半の探索は殆ど自転車で行ける場所だったのでかなり楽でした。文明の利器サイコー(・ω・)b



そして写真を撮り終えた頃には夕方になっていました。少し時間を潰すだけのつもりだったので一日潰れてしまいました。ヘトヘトのままフェリーに飛び乗って再び呉線に戻って撮りたい風景を捜しながら呉へと向かいました。
奮発
kankore391
長い間☆max状態で眠らせていた94式高射装置を摩耶砲に更新しました。秋月砲は照月が持ってきてくれるのでわざわざ作る必要もなくなったので。

確実化でネジ9個は痛いですけど図鑑もいい加減に埋めたかったし夏イベ攻略祝いです。摩耶自身大活躍してくれましたしね。この『うるせえ高射装置ぶつけんぞ』と言わんばかりの摩耶妖精が可愛いです。
性能はイタリア高角砲より少しだけ上ですが、あちらは改修できるので使うならイタリア高角砲の方がいいでしょうね。最後までネジ1個で改修できる優良装備ですし。摩耶砲も改修できるようにならないかなぁ・・・。
でも面倒臭い
地味ーーーーに2隻目の雲龍が欲しいです。中破絵は改造前の方が好きなんですよね。煙吐いてる奴(・ω・)

空母の装備の仕様が変わったから改造前でも問題無く使えるようになったとは思うのですが・・・やっぱりU-511が優先かなぁ。でも出る気がしないしなぁ・・・どうしようか。
笑うしかない
kankore390
支援全ハズレ+金剛榛名の砲撃が港湾棲姫へ+相手のフラルの砲撃が絶好調の場合のみに起きる奇跡です(・ω・`)


それにしても暁型と妙高型がやたらドロップしますねー。今のところまるゆ級が落ちるのは体感で大体30~40回に1回ぐらいの確率でしょうか。
こういった稀に起きる酷い戦闘もそうですが、ドロップ無しだったりコモン艦ばかりだと楽は楽だけどイラっとするものですね。E-3掘りに比べたら天国のはずなのにね、慣れとは贅沢だね(・ω・`)
まさかの一番手
kankore389
今日は10回やって雷1子日1ドロップ無し5道中撤退2と散々でしたが最後にやってきてくれました。これでようやく龍鳳を入手することができます。でもまだまるゆもあきつ丸も出てない・・・もっといっぱい出ていいのよ?(・ω・)

結構ドロップ無しもあるけど他の場所と比べたら格段に楽な掘りなので止められませんね。キラ付けは3重付けすれば12回ぐらい持ちますし。ただ本隊の疲労がすぐ溜まるのが面倒臭いです。


イベントも延長予定日が決まりましたね。土日が入ってないと攻略目的の人には殆ど意味もないだろうと思っていたので土日込みの延長で良かったと思います。
良かった物は選びきれないけど
『今まで遊んだゲームでワースト3』を考えたら、1位はぶっちぎりでモンパレ、2位はミシガンとすぐに浮かんできたのですが案外3つめが思いつきません。

クソゲーはともかく、やっていて不快になる程のゲームは意外とプレイしてはいないのかもしれません。クソゲーはクソゲーの楽しみ方があるからまだ救いはあるんですよねホント(・ω・`)
運営もやる気か
今日の5-4は翔鶴瑞鶴連続ドロップ。改二に向けての運営の気合いが窺えますね。
まあ改修素材なんですけど(・ω・`)
Uは甲乙だけらしいけど
E-5-Gとかいうあきつ丸とまるゆとU-511がドロップできて2戦目で辿り着けてS勝利も容易な楽園(・ω・)
この鬼畜イベントにもこんな場所があったんですね。しかも噂では大鯨ドロップもあるかもしれないので、残りのイベント期間はここで掘って終わろうかなと思います。

風雲は掘れないこともないですし持ってくる見張り員はちょっと魅力的ですが、どうせ海風も無理だし駆逐艦にそこまで拘る必要もないかな、と。それに今回以降のイベントで掘った方が資源も浮くような気もするんですよね。秋イベは難易度下がるでしょうし。E-3と同じく連合艦隊で掘らされるので、もうこの消費速度で掘りたくありません。

朝霜のような事態になってもまあ駆逐艦なので致命的な戦力の穴になったりはしないでしょう。海風はビジュアル好きだから本当は欲しかったんですけどね・・・E-4掘りはバケツが10000個ぐらいないと無理です(;ω;) ダメコンあってもS勝利無理なことが多いんじゃないでしょうか。あの鬼畜海域。


まあ楽園とは言っても素で行くと潜水艦がお亡くなりになるので駆逐2軽空2のエコ支援は必要な印象。逆にそれさえすれば掘りは極めてスムーズになるので今回のイベントでは間違いなく穴場ですね。今のところは戦艦2重巡2雷巡1空母1で行っています。なんだかんだで雷巡がいると安定感が違いますね。